SSD 容量節約術

こんばんは、QPです。
昨日から今日にかけてサブPCのOSを再インストールしました。
混沌としてしまったCドライブの中身をすべて消し去るためにやったのですが、そのおかげで長いことアンインストロールできずにいた『穢翼のユースティア』をようやくアンインストールすることができました。(笑)

2012_03_09_005.jpg

上の画像はインストール直後のものですが、やはりこのスッキリとしたデスクトップはいつ見ても素晴らしいです。
どうしても不必要なソフトウェアの入ってしまうメーカー製ではこうはいきません(最近の低価格帯はそうでもないみたいですが)、自作の素晴らしさの一つと言えるのではないでしょうか。


さて、今回OSを再インストールするにあたって、Cドライブの容量をできるだけ多く残す設定を試みました。
1.仮想メモリの削除
2.休止状態を使用しない
ほかにもいろいろとあるのですがGoogleで検索してみたところこの二つがけっこうな容量を喰っているようです。
もちろんデータはDドライブに移しています。

2012_03_09_006.jpg

まず「スタート」→「コンピュータ」を右クリック→「プロパティ」→「システムの詳細設定」

2012_03_09_007.jpg

詳細設定タブの「設定」→「変更」→「すべてのドライブ~」のチェックをはずす→「設定」→「ページファイルなし」→「OK」
これで再起動すると仮想メモリが削除されます。自分の場合は8GB分作られていました。
そもそも8GBのメインメモリを使う機会がないのに仮想メモリなんて不要です。

2012_03_09_008.jpg

「スタート」→「cmd」と入力→「管理者として実行」→「powercfg /h off」と入力→「Enter」
これで休止状態に入るために作られていた数GB分のデータが削除されました。
この設定でドライバーとを入れてindows Updateを実行した結果、Cドライブの使用容量は15GBでした。通常時は覚えてないのですが、確か20GBは軽く超えていた気がします。
SSDを起動ドライブに設定している人にとってこういった節約は重要ですね、特に60GBあたりを使っている人にはかなり効果があると思います。みなさんも試してみてはいかがでしょうか
以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次