Windows Media Player でDLNAサーバ

WMPの解説

つい先日テレビを購入しました。

SONYのKDL-52EX700です。もちろんリビングにて使用しているので自室のパソコンとは離れています。

そこで2号機をDLNAサーバ化して、テレビからパソコンにアクセスしています。

やはり旅行などの画像データは家族みんなで見るのが一番です、しかし、いちいちカメラなどの機器を接続するのは非常に手間です。

その点、パソコンとテレビをリンクさせれば手間いらずで、しかもいつでも好きなときに見ることができます。

DLNAに対応しているのは、今のところSONYのみだと思います。

「ソニールームリンク」という名称で紹介されています。

今回、DLNAサーバとして利用しているのは2号機です。

使用ソフトは誰もが知っている「Windows Media Player」です。

このソフトは非常に簡単に共有させることができます。

それでは、設定方法です。(Windows Media Player11の場合

WMPの解説

①:「ライブラリを右クリック」→「メディアの共有をクリック」
②:「メディアを共有するにチェックを入れる」
③:「許可する端末を選択する」 
④:「許可をクリック」
⑤:「カスタマイズをクリック」
⑥:「既定の設定を使用するのチェックを外す」
⑦:「すべての評価を選択」

以上で共有の設定は終了です。後はテレビで接続できるか確認してください。

ブラビアの場合は「ホーム」ボタンを押して「フォト」の項目内にあるかと思います。

つながらない場合は、ウイルスセキュリティソフトのフィアヤーウォール設定やテレビのマニュアルを参照してください。

以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次