HP ProLiant ML110 G5 にXPを導入してみた。

BROADCOMのダウンロードページ

こんばんは、QPです。

前回の記事のあるように、始めはUbuntuで運用していたのですが、やはりWindowsと勝手が違う部分が多く使いにくいと感じたので、結局、Windows XPを導入しました。Ubuntu自体はいいOSだと思うのですが、いちいち覚えるのはけっこう面倒です。

BROADCOMのダウンロードページ

XPを導入にはドライバーが必要ですが、付属のドライバCDにはXP向けのドライバは入っていません、しかし、「Windows sever 2003」向けのチップセットのドライバとVGAのドライバは入れることができるので導入します。

ただ、このままではネットワークドライバが入っていない状態なのでネットワークに接続することができないので、ネットワークドライバを入れる必要があります。

そこで、こちらを導入します。

BROADCOMのダウンロードページ

この場合はWindows XP (32bit)をダウンロードしてインストールすればいいのですが、ここでで自分は詰まりました。

ダウンロードしたZipファイルを解凍し、中にある「b57win32.inf」を右クリック→「インストール」でインストールは完了するはずなのですが、自分の場合はできませんでした。

導入するファイル

そこで、しかたなく別のアプローチを試みました。

「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードディスク」→左上の関連項目にある「ハードウェアの追加」を実行します。

そこでネットワークカードに?の黄色いアイコンが付いているので、それを選択して次へ、ドライバのインストール方法を聞かれますので、先ほどダウンロードしたフォルダを指定します。

すると、ドライバが無事にインストールされました。

やはり、ネットワークにつながらないPCはただの箱ですからね、これで一安心です。

以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次