僕は友達が少ない 羽瀬川小鳩&高山マリア [マックスファクトリー] レビュー

こんにちは、QPです。

マックスファクトリーから発売されている『僕は友達が少ない 羽瀬川小鳩&高山マリア』を紹介します。

スケール     :1/7
原型制作    :YOSHI
全高       :羽瀬川小鳩(約135mm)高山マリア(約130mm)
価格       :¥6,800(税込)
製品形態    :塗装済み完成品
材質       :PVC
発売日      :2012年8月発売

12_11_01_001a.jpg

こちらはセット商品ではなく単体で発売されていますが両方そろえるのが勧め、単体でも素晴らしいのですが2体で飾るとさらに見栄えします。

12_11_01_002.jpg
12_11_01_014.jpg

どうでしょうか、レオタードとタイツでセクシーさを演出しながらも控えめな胸とお尻で幼さを感じさせるというこのアンバランスさが何とも言えません。

12_11_01_007.jpg

小鳩が12歳でマリアが10歳というロリロリ絶頂期とは思えない腰つき、タイツで覆われた太もももかなりそそります。

12_11_01_010.jpg12_11_01_013.jpg
12_11_01_017.jpg12_11_01_021.jpg
12_11_01_018.jpg
12_11_01_036.jpg

顔の造形もバッチリ、マリアのアイプリントがデコマスよりも褪せているとの声もありますが、自分的には誤差の範囲内です。

12_11_01_011.jpg12_11_01_028.jpg

二人のどちらがいいかは好みによりますが自分的には小鳩に軍配が上がります。ちょこんと開いた口がいいですね、思わず指でも突っ込んでやりたくなります o(゚д゚;o≡o;゚д゚)o

12_11_01_023.jpg12_11_01_025.jpg

さらに碧眼というところもポイントかも

12_11_01_024.jpg
12_11_01_033.jpg

控えめではありますがそれなりに立派な胸がついていて、レオタードということもありきっちりと谷間ができています。マリアよりも一回り大きい印象。

12_11_01_029.jpg12_11_01_032.jpg
12_11_01_034.jpg
12_11_01_005.jpg

≪感想≫

ポーズ ☆☆☆☆☆
可愛さ ☆☆☆☆☆
塗装 ☆☆☆☆☆
造形 ☆☆☆☆☆

以上、マックスファクトリーの『僕は友達が少ない 羽瀬川小鳩&高山マリア』でした。

かなりの逸品ということもあり、初めて全て5つ星をつけました。

ポーズや可愛さもさることながら塗装もかなりいいです。だいたいのフィギュアにはどこかしこちょっとした汚れがあるのですが今回はそれがなく、レオタードの質感表現もバッチリでした。

造型に関しては、エロい腰つきや太ももなどがよく表現されていて、顔も角度による崩壊が見られず様々な角度から楽しむことができます。

これは買いですね、もちろんその時は両方とも買ってください。

以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次