Chivalry: Medieval Warfare をやってみた。

こんにちは、QPです。
先日の「DeadIsland」に続いてオータムセールで購入した「Chivalry: Medieval Warfare」をやってみました。

rogo_2012_12_13_004.jpg

Chivalry_01.jpg

「Chivalry: Medieval Warfare」は中世を舞台としたオンライン専用の一人称視点近接戦闘アクションゲームで、プレイヤーは4つの兵種(射手/兵士/衛兵/騎士)から一つ選び、ゲームモードごとに設定されている目標を達成するために戦います。
ゲームモードは攻城戦やチームデスマッチ・ラウンドデスマッチが用意されていて、その中には攻城兵器の護衛や村の襲撃など、中世ならではの要素が含まれています。

Chivalry_02.jpg

まず、プレイヤーは「Agatha Knight」と「Mason Order」のどちらかを選択します。人数に偏りができた場合はオートバランスが働きラウンドの合間に変更させられたりするので、どちらを選ぶかにあまり意味はありません。

Chivalry_03.jpg

陣営を選ぶと兵種の選択画面に移ります。左から射手/兵士/衛兵/騎士のようになっていて最初から全て選ぶことができますが、射手は慣れていないと当てるのが難しい上級者向けの兵種なので、はじめてプレイする場合は衛兵か騎士の2つが無難、兵士もリーチが極端に短いので中~上級者向けの兵種といった印象でした。

Chivalry_04.jpg

次に武器を選びます。今回は衛兵を選んだのでメインウェポンを長剣/槍/矛から、サブウェポンを短剣/斧から、スペシャルから手斧/ナイフ/煙玉から、それぞれ一つだけ選びます。
兵種によって選べる武器が変わりますが、いずれも3種のメインウェポンが用意されているので計12種類の武器を扱えます。さらに、それぞれの武器にはより高いグレードの武器があるので36のメイン武器から一つを選んで戦うことになります。
アンロックの条件はスコアではなく相手の倒した数できまります。サブウェポンにもグレードがあるので、メインはメイン、サブはサブとそれぞれアンロックする前段階の武器を使ってキルしないとカウントされないので注意が必要です。

Chivalry_05.jpg

武器を選び終わったら「Join Game」でゲームをスタートさせます。ゲーム中のインターフェイスは実にさっぱりしていて、武器を操作するとスタミナゲージが表示されますが、それ以外はキルログ・チャットしか出てきません。
攻撃は左クリックやホイールの上下で行い防御は右クリックで行います。防御は押してから少しの間のみ有効なので(盾を除く)タイミングよく押さないと防ぐことができず。さらに上下左右の判定があるので敵の動きに合わせて的確な方向をガードする必要があります。
攻撃は「Q」キーでキャンセルすることもできるので、敵のガードを外すためのフェイントに使えますし、兵士のように取り回しのいい武器で接近された時はキック(「F」キー)で間合いを取ることもできます。
しかし、いずれの動作もスタミナを消費するのでそのあたりを考えておかないとスタミナ切れになりどうしようもなくなるので注意、特に複数人を相手に立ち回ることはほぼ不可能なので囲まれた時は味方のいるところまで引かないと死にます。
全ての武器に言えることですがすべてのモードでフレンドリーファイヤーが有効なのでTKには注意が必要です。特に、衛兵と騎士はリーチが長いので下手に薙ぎ払うと敵もろとも味方の首が地面に転がっているなんてこともよくあるので注意しましょう。
TKには慣れっこですが一応「sry」ぐらいは言っておいたほうがいいです。きっと「np」と返してくれます。

Chivalry_07.jpg

「Tab」キーを押すとスコア表とゲーム目標が表示されます。攻城戦などは3段階のステップを踏みますので自分が何をすべきなのか分かっていないとあっという間に負けてしまうこともあるので目標はしっかり確認しましょう。
この場合の「Last-Team Standing」というモードは一度死ぬとリスポーンできないデスマッチで最後に一人でも残ったチームがそのラウンドを取り、先に7本先取した方が最終的な勝利を収めます。
勝っても何かを貰えるというわけではなく、ただ本当に勝っただけなのですが、そのさっぱり感が案外面白い。
操作がシンプルな割に奥が深いゲームなのでかなりハマれます。日本のユーザーは少ないですがいくつかサーバーを立てて下さっている方がいるようなのでPingの低い部屋を探せば自然と日本人部屋に入ることができるのでご心配なく、外人に英語でなじられるようなことはありません(笑)
さぁ、みなさんも殺伐とした戦場を体感しましょう。
以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次