FR-F2 と PGM .338 比較してみた

こんばんは、最近更新がおろそかになっているQPです。
ましうくんからFRを貰ったので今までメインとして使っていたPGMと使い比べてみました。

AVA_120209_000918_00.jpg
ステータスがなぜか1000を超えてしまった時、もはや別ゲーでした。


PGMとFRはAVAでもっとも使われているSRの上位二つに位置していると思います。
しかし、その性質は全く異なるものでした。
FRは速さではモシンにかなわないまでも、十分な速射性と威力・装弾数を持っています。
一方、PGMは僅かながらFRより速射性が劣るため近距離で撃ち合った場合確実に2発目はありませんが、FRよりも威力に優れ一撃率はおそらくSRで最高でしょう。
一言で言うのなら汎用性のFRと威力のPGMといったところでしょうか。
さて、個人的な感想としてはPGMの方が使いやすかったです。

AVA_120330_102742_00.jpg
連射カスタム
AVA_120330_102803_00.jpg
装弾数upカスタム

なぜ、PGMの方が使いやすいと思ったのかというと
・FRのスコープの倍率が低すぎる。
・スコープ展開速度が違うような気がする。
・PGMよりもFRの方が胴体を意識しないと倒せない。
・QCのタイミングが違うような気がする。
主に赤文字の二つからきています。
≪スコープの倍率≫

AVA_120330_102959_00.jpg
PGM
AVA_120330_103049_00.jpg
FR
AVA_120330_103004_00.jpg
PGM
AVA_120330_103052_00.jpg
FR

以上のようにPGMに慣れてしまった自分にはFRの倍率は低すぎると感じてしまいます。
特にFOXの井戸から西窓を見る場合など、FRでは見れたもんじゃありません。
閉所空間ではいいのですが開けた場所や絶対にはずしたくない場面では非常に困ります。
≪一撃率≫
次に、一撃率について
PGMの方がFRより敵を一撃で倒せる確率が高い気がします。
理由として考えられるのは威力と特性の違いです。
FRは威力だけをみればSRの中でもかなり低い分類ですが、防弾服を貫通する特性があるおかげでその低威力でも十分に敵を倒すことができます。
しかし、もともと防弾服のない手足を撃ってしまった場合はどうでしょうか、この場合は威力で勝るPGMの方がダメージが大きくなると推測でき、このことがFRの一撃率が低いという感覚に直結するのではないでしょうか。
≪まとめ≫
一見すると、それなりに速く装弾数も多いFRは使いやすいように思えますが、その一撃率の低さのため胴体を確実に狙わなければなりません、その点を考えれば多少照準が甘くても倒すことのできるPGMの方が使いやすいのではないでしょうか。
FRの速射性にしても、PGMの連射カスタムより僅かに速い程度、装弾数にしても5-5であれば10発は必ずしも必要ではありません。
そして何よりもスコープが低倍率なため、反射神経が優れた人でなければ長距離における飛び出しに対応できないというSRとしての本質を問われるあたり
FRは使うのはかんたんだけども使いこなすのは難しい武器だと自分には思えました。
以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次