YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

こんばんは、QPです。

突然ですが、梅雨のない北海道から関東に引っ越してきた自分は、いまいち梅雨というのが分かりません。(小さい頃は山形に住んでいたのですが梅雨のイメージが残っていない・・・)

なので思いのほか梅雨って雨が降らないんだなと思っていたのですが、どうやら今年は雨が少ないらしいですね、ただ雨が降っていなくてもジメジメと嫌な感じ、これがもし毎日雨だとしたら・・・もう考えたくもありません。(笑)

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

ということで、部屋の空気を循環させるためと洗濯物を乾かすためにサーキュレータを購入しました。

除湿機を買ってもよかったのですが、値段がそれなりにしますし、置き場所に困るのと室温も多少なりとも上がってしまうようなので断念しました。

今回購入したサーキュレータは、YAMAZEN(山善)の『YAR-AD23』という機種、ホワイトの筐体にブラックの羽という至ってシンプルなもの、価格.comでの評判は良く、価格もAMAZONで6,000円強とお手頃でした。

これからさらに暑くなっていくでしょうし、いざとなったら自分に向けて全力運転する予定です。(*´∀`)b

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

さて、小型と聞いていたサーキュレータでしたが、届いたのはなかなかの大きさの箱でした。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

ところが、実際に出してみると評判通りの小ささ。(箱で余計に小さく見える?)

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

左側面、リモコンが付属します。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

右側面は特に何もなし。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

そして背面、飾りっ気のないシンプルなデザインがいいですね、こういったもので変に主張されると疲れちゃいますんで、これくらいが自分にはちょうどいいです。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

サーキュレータと扇風機の違いですが、いまいち自分もわかっていません。

直進性の高く部屋の空気を循環させるのがサーキュレータで、拡散させた風にあたって涼むのが扇風機といった解釈でいいんでしょうか。

ちなみに、扇風機の首降り機能がかなり振れるのに対して、サーキュレータについている首降り機能は大して振れないようです。(ないものも多々あるみたい)

その例にもれず。

こちらのサーキュレータもここまでしか振れません。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

左もここまででした。(左右で違っていたらそれはそれで恐ろしいですね(笑))

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

さらに、上下に振ることもできます。

伏角は全くとれませんが、仰角はほぼ真上にとることができるので、洗濯物を下から力強く吹き上げられますし、そうすることで場所もとらずに済みそうです。

YAMAZEN(山善)のサーキュレータ(YAR-AD23)を買ってみた。

操作はリモコンのほかに本体のボタンで行うことも可能です。

風量は中央のダイヤルによって10段階に調節することができ、最小の1はそよ風程度でほぼ音がなく、寝ているときにも使えそうなくらいでした。一方の10は、扇風機の強のような風量と音で直進性が高く、遠くまで風を送ることができます。

タイマーは1.2.4時間の3つのみですが、必要十分でしょう。

それと、上下左右の首降りは手動で無理やり動かすことができません、首を振るには本体のボタンを押すかリモコンで操作する必要があるため、設置するときにちょっと時間がかるのが唯一不満な点です。(些細なことですが)

購入からそれなりに時間が経っていますが、やはり洗濯物の乾き具合が違いますね、干している時間が半分とまではいきませんが、3分の2くらいの時間でだいたいは乾いてくれます。また、空気が流れるのでそこまで湿気も気にならなくなりました。

初めてサーキュレータというものを触ってみましたが、なかなかよさそうな感触です。ただ、既に扇風機を持っている人はどうかと言われれば、いらないかもしれません、まぁそこはお好みでどうぞ。

さて、今シーズンはサーキュレータ+エアコンで暑いであろう夏を乗り越えるぞぉ!

以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次