WALKMAN NW-A866 + 専用 ソフトケース レビュー

こんばんは、QPです。
購入から二ヶ月弱経ったソニーのウォークマン「NW-A866」と専用ソフトケースをレビューしたいと思います。

RIMG0017_20120519124546.jpg


《デザイン》
さて、まずはデザインから

RIMG0024_20120519124545.jpg

右側面には音楽を聴くにあたって必要なボタン類が備わっていて、左から順に戻る、再生・一時停止、次へ、ホールド、音量減、音量増、といった感じ。
ウォークマンをポケットなどに入れていて曲を変たいときなど、やはりいちいちポケットから出してのパネル操作は億劫なので、最低限これくらいのボタンは必要です。

RIMG0025_20120519124544.jpg

一方、左側面のほうは何もなく非常にスマート

RIMG0027_20120519124544.jpg

下面はイヤホンとUSBの接続端子、USBで給電および音楽の転送を行います。このとき本機はX-アプリを介さずにD&Dで音楽を転送することができるので非常に簡単でした。
全体的にスマートなデザインで、薄過ぎることもなく厚すぎることもなくちょうどよく重さも気になりません。相変わらずソニーのデザインは自分の好みに当てはまります。
《音質》
次に音楽プレイヤーの最重要項目ですが、これは申し分ないです。
以前は初代iPod nano を使用していたのですがそれと比べると結構違うと感じます。詳しいことは言えませんが、全体的に音がクリアになった印象です。
これにはノイズキャンセリングが非常に関係していると思います。
ノイズキャンセリングはその名の通り周囲の騒音を低減(完全に消えるわけではない)してくれる機能のことで、そのためにある程度の騒音の中でもかなり音楽に集中することができます。
特に電源を切った状態からONにしたときそれは顕著に現れます。フッと周囲の音が聞こえなくなるのは非常に気持ちよく、音楽を聴くだけでなく静かに寝たいときなどにも十分使えます。
このノイズキャンセリングも手伝ってウォークマンのほうが音が良く聞こえるのかもしれません、とりあえずこの機能は素晴らしい!!
《機能》
音楽に特化している本機ですが、いちおう音楽以外にも、動画・画像・ラジオ(録音可)などを楽しむこともできますが、自分は使用したことがないため今回は省略します。
その代わりに今回紹介したい機能はズバリ「おすすめチャンネル」です。
これは、ウォークマンが曲を解析してその時間帯・テーマにあったカテゴリに分類して再生してくれる機能です。
例えば昼間だと比較的アップテンポな曲、逆に深夜だと静かな曲といった風に分けてくれます。
テーマは最初から用意されていて「アクティブ」「リラックス」「アップビート」「メロウ」「ソファラウンジ」「エモーショナル」「ダンスフロア」「エクストリーム」の9種類これに加えて時間帯別と全曲シャッフルがあります。
ちなみにどんな曲がそれぞれのカテゴリに入っているのかというと
「アクティブ」-READY STEADY GO
「リラックス」-語り継ぐこと
「アップビート」-HIGH-STEPPER
「メロウ」-聖少女領域
「ソファラウンジ」-焔の扉
「エモーショナル」-まどろみの輪廻
「ダンスフロア」-扉をあけて
「エクストリーム」-Alchemy
こんな感じです。曲がアレなのはお気になさらず
曲の解析は一度すれば情報が保持されるので時間がかかるのは最初だけ(mp3-320Kbpsを400曲で数分)
自分で曲を選択するのもいいですけど機械に任せて偶然聞きたい曲がくると嬉しくなるので止められない。

RIMG0019_20120519124559.jpg

さて、ついでに歌詞の表示機能です。
こちらはiPodですとiTunesで打ち込めばよかったので簡単でしたが、ウォークマンはそうはいきません
音楽と同じフォルダ内にその音楽の歌詞ファイルを置いておく必要があります。またそのファイルには歌詞と音楽の同期時間を書き込まなければならず少し面倒(X-アプリだとほかにやり方があるかもしれない)
しかし、その代わりカラオケのように曲に合わせて歌詞がスライドしていきます。
もちろん非表示など選択できます。
歌詞のつけ方は少しややこしいのでこのあたりの話は後日別記事にする予定

RIMG0023_20120519124558.jpg

《まとめ》
iPod touch と悩み続けましたが、正解でした。
やはりなんといってもノイズキャンセリング機能が自分は大のお気に入り、普段の環境でのその効果は絶大で、ちょっと落ち着きたいときなどにはまさにもってこいのプレイヤーです。
ほかにもおすすめチャンネルを搭載しているなどまさに音楽を楽しむためのツールと言っていいでしょう。最近はスマートフォンの高機能化で持ち歩く端末は1つだけという人も多いでしょうが、バッテリーの側面からも音楽プレイヤーくらいは余分に持ってみてはどうでしょう?
Zシリーズなんて知らない (≧ヘ≦) ムスッ
《追記》
ケースのレビューをすっかり忘れていました。
さて、この純正ケース、2,500円と少し値が張りますがそれなりの高級感があっていいと思います。特に表面の感触は中々、シリコンケースのようにほこりがつくようなこともありませんし、デザインもウォークマンとマッチしているので違和感はありません、さすが純正ですね。
フタもしっかりと爪で噛むので多少の力では外れないようになっていて、ポケットなどに入れていてもしっかり本体を守ってくれています。液晶に接触する部分はポリエステル製でキズがつくこともありません。
ウォークマンのケースは選択肢が少ないのであんまり悩むこともないかもしれませんが、おすすめです。
以上、不定期更新でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次